米国のアコードの走行距離がすごい

Posted by | 走行距離 | 水曜日 4 3月 2015 5:29 pm

先日ネットで調べ物をしていたら偶然アメリカでのホンダ・アコードの走行距離の話に出くわしました。
その話がすごい。
一番ビックリしたのは、180万キロ走ったアコードをホンダが引き取って代わりに新型車をプレゼントしたという話。ホンダはその車をいろいろ調査するとか。
180万キロなんて何年間乗ったのでしょうか。

そのほかにも、92年アコードの話、アコードが40万キロ走っても壊れないのでガールフレンドにあげたという話、89年型シビックで現在52万キロという話、46万キロで弟のガールフレンドにあげたら彼女は80万キロまで走っているという話、こんな話がゴロゴロと出てきます。
コメントしている人は皆乗りつぶそうと思ったがつぶれない(壊れない)のであきれているという感じです。
乗りつぶせないほど壊れない日本車、すごいですね。
途上国等で20万キロ、30万キロの日本車なんて珍しくもないといわれますが、納得です。
10万キロも走れば「多走行車」とか「過走行車」とか言う日本国内のことが恥ずかしくなってきます。
10万キロとか10年程度で廃車処分になってしまうような日本の中古車市場は、地球の資源を無駄遣いしているんだと思わされます。
多走行、過走行と言われ国内で値の付かない車、地球のためにも是非海外向けに売却するようにしましょう。
廃車にするなんてもったいなさ過ぎます。