走る歓び

Posted by user102 | 一括見積り | 火曜日 27 10月 2015 6:57 am

自動運転になると、運転の楽しみがなくなるのではと心配するクルマ好き
も多いだろう。しかし、BMWは走る歓びをセリングポイントにしている。
トラック。トレーナなる自動運転でのサーキッド走行を披露した。
ドライバートレーニングでプロドライバーの運転に同乗してライン取りを
学ぶことがあるが、自動運転なら運転席に座ったままプロドライバーの走りを
体感できる。この自動運転プログラムはかなりの実力で、自動ドリフト運転
もできてしまう。BMWでは、サムスン・ギアのスマートウォッチと連動する
アプリを開発して、近い将来、自動で駐車場の出し入れをしたり、腕時計に
向かって車を呼ぶと迎えに来てくれる機能を市販車に盛り込もうと意気込む。
それらの技術を支えるサプライヤーも元気だ。おなじみのボッシュでは、高度な
ドライバー支援技術として自動運転一歩手前の技術をチェロキーにつんだ。
白線だけでなくキャッツアイも見分ける。

シャラン 値引き