LLクラスミニバン

Posted by user102 | 一括見積り | 土曜日 31 10月 2015 11:09 pm

ホンダはカナダ製ラグレイトを輸入してLLクラスの参入に色気を見せた。
だがあまりにも大きなサイズが災いして、販売は不振に終わっている。
エスティマは2000年に2代目にFMCするが、パワートレーンはFF
となり、エスティマじゃなければと言う特徴を失ったためか最盛期の隆盛はなく
多くのカスタマーがアルファードに流れるのを止められなかった。
ホンダが不調に終わったラグレイトの後を継ぐミニバンのフラッグシップは
エリシオン。低床化技術によるゆとりのキャビンと低重心化がもたらす
走りのよさを両立させていた。クルーザーのラウンジをモチーフにした
スーパーリラックスキャビンは、木目調パネルを用いて落ち着いた
雰囲気をかもし出す。エンジンは可変式シリンダーシステム採用の
3.0リッター・V6・ⅰ-VTECと2.4リッター・DOCH・ⅰ-VTEC
の2種類。リアルタイム4WDも設定されている。

レクサスCT 値引き