時間節約

Posted by user102 | 一括見積り | 金曜日 15 4月 2016 6:26 am

交通機関の情報ネットワークと連携したこの新しいシステムは、シテ・リブ社に本カーシェアリングサービスに
組み込まれ、従来の編曲システム利用に加えて、ワンウェイ利用(乗り捨て)も可能になる。マルチモーダルな移動
とりわけ小型EVによる移動と、トラムやバス、鉄道などの公共交通機関の連携を促進されることが目指している。
よりフレキシブルに、時間をより節約しつつ移動できるよう、最終目的地と公共交通機関の最寄り駅との間の数km
程度の移動、いわゆるラストマイル移動が可能にされ、、交通手段の緩和や都心部の大気環境の改善に寄与する。
直近の社会傾向と消費者の行動から、接続可能なモビリティに向けた動きは、後戻りできないことは明確なこと。
唯一の質問は、そういう市場がいかに早く形成されるかということ。ある調査によると、ヨーロッパにおける平均的な
通勤時間は40~50分だという。公共交通機関を利用する通勤者の数は増えているが、その大多数が最終目的地まで
15分以上歩かなければならない。

モテる 車